激安価格でチラシ印刷を任せてみよう!【専門業者のすすめ】

古いチラシが美術品に

会議

印象的なデザインを

手軽な宣伝広告手段として認知されているチラシですが、実はそれほど簡単に作れるわけではありません。まず安価な紙がなければ作成できませんし、同じものを大量に配布するには印刷技術が必要です。現在のように激安でチラシ印刷ができるようになったのは、それほど古いことではありません。現存する世界最古のチラシは古代エジプト時代のものですが、日本では1673年(1683年説もある)、江戸日本橋の越後屋が配った「引き札」が元祖とされています。この引き札は江戸の十里四方に配布されたと言われています。紙の値段が下がったことや、木版印刷の技術が向上したことで、安価なチラシ印刷が可能になったと考えられます。引き札による広告は幅広い人気を集め、山東京伝や式亭三馬のような有名作家もキャッチコピーの作成に加わっています。当時は数十万枚単位で配布された激安チラシの一種ですが、奇抜なアイデアやデザイン性に優れたものが多く、現在では美術品として高額で取り引きされている場合もあります。印刷技術がさらに発展し、誰でも激安でチラシ印刷できるようになった現代では、図柄や色彩の選び方がいっそう重要になっています。一目でインパクトを与え宣伝効果を発揮するには、それなりのノウハウが必要です。デザインで迷うことがあったら、専門のチラシ印刷業者に相談してみるのもひとつの方法です。激安で作成したチラシが、500年後には美術館に展示されているかもしれません。